工法について〜木造軸組工法と2x4工法のメリットデメリット

 

木造住宅には、大きく分けて「木造軸組工法」と「2×4工法」2種類の工法があります。

それぞれのメリット・デメリットについて紹介します!

 

「木造軸組工法」

 

日本で昔から存在する工法で、「柱」と柱の上に渡して屋根などの重量を支える「梁」を組み合わせて作る工法(軸組)です。

 

<メリット>

設計の自由度が高い。柱で建物を支えている為、壁を抜いて間取りを変えたり、壁に大きな開口(窓)を作ることも比較的容易にできる。

特にリフォームで間取りを変えたり、増築も簡単にできる。

昔からある工法の為、どこの住宅会社、工務店でも建築、リフォームができる。

 

<デメリット>

地震による揺れが2x4工法より大きいといわれるが、最近の木造軸組工法は、耐震金物などで補強しているので強度は2x4工法と大差がない。
大工さんの腕によって品質にバラつく可能性がある。
工期が比較的長い

 

「2×4枠組壁工法」(ツーバイフォー)

 

枠と面(合板)などで構成された壁・床・屋根・天井のパネル(枠組み)を組み合わせて、箱状(6面体)の構造から家をつくる工法です。壁の枠に2インチ×4インチの部材を用いることからツーバイフォー(2×4)工法と呼ばれます。

 

<メリット>

地震による揺れが木造軸組工法より小さい

工場で部材を加工し、現地で組立てるので、品質にバラツキがない。経験の浅い大工でも施工可能。

工期が比較的短い

 

<デメリット>

設計の自由度が少ない。壁で建物を支えている為、壁を自由に抜けない。

大きな開口をとれない。間取りを変えるリフォームでは、制約が多い。

2x4工法を建てている住宅会社が限られている。

 

気密性、断熱性、耐火性について、2x4工法が高いと言われることがありますが、木造軸組工法でも気密性、断熱性、耐火性を高めることはできますので、2x4工法が絶対優位というわけではありません。

また気密が高ければ、結露などの対策を検討する必要もあります。

 

どちらが優れているということではなく、それぞれの特徴を知って家づくりに活かしてもらいたいと思います。

 

大切なのは耐震等級です

特に耐震性能は、どちらの工法だから高いといういことではなく、設計プランに基づき、構造計算を行って耐震等級3を確認しなくては分かりません。

安易に〇〇工法だから地震に強いです。ということではありませんので気を付けてくださいね。

 

リラックスホームは、「木造軸組工法」で家づくりをしています。

自由度が高いので、こだわったプランを作りやすく、また将来のリフォームにも柔軟に対応可能です。

家族を守る、地震に強い、たくましい家づくりがしたい!!

という方は、リラックスホームにお気軽にご相談ください♪