家族を災害から守る たくましい家づくり

 
家づくりを検討する際、「地震に強い家づくりがしたい」をう思われる方がほとんどです。
では、具体的にどのような基準で家づくりをしていけばいいのでしょうか?
 
耐震等級には1から3まであり、等級が高くなるにつれ、地震に対する構造躯体の倒壊、崩壊等のしにくいことを表しています。
 
■耐震等級1(建築基準法最低基準)
 
建築基準法に定められている、最低限の耐震性能。
 
数百年に一度程度の地震(震度6強〜7)の地震では倒壊はしないレベル。
数十年に一度程度の地震(震度5程度)で住宅が損傷しない程度。
※住み続けるには大規模な補修が必要な可能性がある。
 
■耐震等級2
 
等級1で耐えられる地震力の1.25倍の力に対して、倒壊や崩壊などを起こさない耐震性。
数百年に一度程度の地震(震度6強〜7)の地震でも、一定の補修で住み続けられるレベル。
※学校や避難所といった公共建築物に多い。
 
■耐震等級3
 
等級1で耐えられる地震力の 1.5 倍の力に耐えることができます。
震度6〜7の地震でも、軽い補修程度で住み続けられるレベル。
※消防署や警察署といった災害復興の拠点になる防災施設に多い。
 
 
また、「耐震等級3」を、簡易計算ではなく、許容応力度による構造計算に基づく根拠のある基準で建てることが大切です。
 
 
リラックスホームでは、大きな地震に耐え、その後も住み続けられることで家族の命と健康、そして経済も守るためには
最高等級「耐震等級3」が必要と考え、構造計算に基づく「耐震等級3]を標準とした「たくましい家づくり」をしています。
 

さらに、制震、免震といった多角的なアプローチで、より地震に強い家を実現していくことができます。

 
簡易計算と構造計算って?など、
もっと詳しく耐震について知りたい方は、是非リラックスホームにお問合せ下さい♪